忍者ブログ
                                                                                                     返事が遅くなりますが、ご了承下さい。(必ずお返事は致します)
2017/09月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手御礼

 8:55頃   mimana様  いつも有難う御座います。今回も痛い展開でしたね。どうしても、姑と嫁の関係は永遠のテーマですね。友達も、「私の姑はとてもいい人」と結婚当時は言ってましたが、今は・・・。仲良くやってた姉も「ああ、やっぱりお義母さんもそうんな考えだったと・・・」と最近になって言います。男親と違って女親は9ヶ月間自分のお腹の中で育てて、その間は病気できないしストレスも・・・そして激しい痛みを伴って産みますから、子供に対しても思いも一入なのでしょう。いわば、自分の一部のようなものでしょうか。姉も「旦那の為なら死ねないけど、子供の為なら死ねる」なんていいますからね。それにはやり妻は他人ですから、どうしても母親の方に・・・。(でも、中には妻を庇う夫もいますが、大半は母親かな?) そして、母親とはいえ息子は「異性」だそうです。だから、娘が嫁に行くのはいいが、息子が嫁を貰う事には抵抗があるそうです。「息子を盗られた!」って感じ。テレビで言ってました。だから、嫁姑はどうしても・・・。  子供の頃って、結構覚えてるものですよ。あれは大人の考え方です。子供の時の「トラウマ」は深いものです。mimanaの旦那様のセリフは大半の大人が思っている事とは思うのですが・・・。言ってはいけないセリフでしたね。三つ子の魂100までといいますしね。 最近は父親も子育てに参加する「イクメン」というのが話題になってきていますが、日本の男の子育て参加率は海外に比べてまだまだって感じですよね。どうしても「亭主関白」的な思考なのかな?(で、どうしても子供に依存してしまう。)で、どうしても、母親に任せっきりというか、「会社でしんどい思いをしているのに、家に帰ってまで、そんな事できるか」が本音かな?   えっと、・・・これから益々痛い展開になります。それでも宜しいでしょうか?  メッセージ、本当に本当に有難う御座いました。


7/3押してくださった方々、本当に本当に有難う御座いました。



お辞儀バニー さんは、
  様からお借りしています。
リンクから行けます。

 
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]